2010年04月07日

<黄元書記>都内で講演「独裁変えるには中国式が理想」(毎日新聞)

 北朝鮮から韓国に亡命し、来日中の黄長●(ファン・ジャンヨプ)元朝鮮労働党書記(87)が6日、東京都内のホテルで非公開で講演した。

 出席者によると、黄元書記は同国の国家体制について約40分にわたって説明。「(独裁体制を変えていくには)中国を巻き込む形で中国式に改革開放に導くのがもっとも望ましい」との見方を示したという。講演会には、拉致問題や外交・防衛にかかわる政府、自治体関係者約80人が出席した。

 ●は「火」へんに「華」

【関連ニュース】
拉致問題:法改正での被害者給付 蓮池さん夫妻辞退申し出
金賢姫元死刑囚:日本政府が5月招へいか 拉致家族会情報
朝まで生テレビ:田原氏発言「問題あり」BPO
黄元書記:「拉致知らなかった」「元党幹部として反省」
黄元書記:来日、韓国亡命後初 拉致被害者家族らと面談へ

深夜、神戸のホテルぼや 宿泊52人避難騒ぎ(産経新聞)
白寿祝う名車の列 日本橋まつり(産経新聞)
高校授業料無償化法案、きょう成立(読売新聞)
<京浜東北線>線路に男性侵入、6万人影響 埼玉・北浦和駅(毎日新聞)
<自民党>改革色強く打ち出す 国家公務員法等改正案の対案(毎日新聞)
posted by ユウキ マサユキ at 22:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。